【ポケモンスケールワールド】リザードン、クオリティ高すぎ!【レビュー】

グッズ紹介

こんにちは、ささみです。

本記事ではバンダイのポケモンスケールワールドシリーズより、リザードンを紹介します。

ここで紹介するリザードンのクオリティが高かったので、ヒトカゲとリザードも買ってきちゃいました!

ポケモンスケールワールドとは

バンダイキャンディ公式サイトより引用。

ポケモンの設定を基に、約1/20の統一スケールで立体化。
第一弾で最も小さいイーブイは設定上0.3mに対し、フィギュアのたかさ15mm。最も大きいミュウツーやフシギバナは設定上2.0mに対しフィギュアのたかさ100mmで立体化。指先でつまむサイズ感から両手いっぱいのサイズ感まで、手の平でポケモンのスケール感を最大限感じていただける【1/20スケール】にこだわったフィギュアシリーズです。

縮尺を統一することで、ポケモンのサイズ感を楽しむことができるシリーズということですね。

ポケモンだけでなくトレーナーもラインナップされているのが嬉しいです。

そしてなんと!

第1弾の発売前(予約段階)にもかかわらず、すでに第2弾の発売決定、予約が開始しています。

(今後の目玉商品にしたいのかな??)

第2弾は金銀で登場したジョウト地方のポケモンとトレーナーです。

こちらも要チェックです。

公式サイトでも予約できますが、Amazonや楽天だと送料がお得なのでおすすめです。

パッケージ

シンプルでかっこいい。

正面↓

裏面↓

上面↓

内容物

リザードンの体と翼、土台のクリアパーツ、そして「食玩」と名乗るためのガムが入っています。

感想

まずは肝心のサイズ感。

モンコレと比較するとこんな感じ。

箱はそんなに大きく感じませんでしたが、組み立ててみるとなかなかのボリューム。

これが20分の1スケールか。へー。

リザードンしか買ってないのでスケール統一の意味なし!

見た目。めちゃくちゃかっこいい

かっこよくないリザードンはいないんですけど、これは特に男前。

なんとなく洗練された印象を受けます。ほんとに。

ゲームの3Dモデルを再現しているので、バトルシーンを思い出して熱くなれます。

(XY以降のポケモン本編、レッツゴーピカブイ、ポケモンGO)

これなんかメガシンカのシーンそのまま。

それから、写真下部に見えるクリアの土台もナイスでした。

リザードンはまんまるお腹なので、乗せるだけタイプの土台だと不安定になりそうですが、ジャストサイズかつ足も乗せるようになっているので、まったく滑りません

しっぽの炎がクリアパーツなのは言うまでもないですよね。

見た目で一番嬉しかったのは、つなぎ目が少ないこと

リザードンのフィギュアは関節を動かすために、もしくは他の商品と同じパッケージに収めるために、体がバラバラになっていることが多く、どうしてもつなぎ目ができてしまいます

それはそれで別に気にならないんですけど、無いに越したことはありません。

このポケモンスケールワールドシリーズは、アクションが一切考慮されておらず、一部の(大きめの)ポケモンは独自パッケージのためつなぎ目が徹底的に排除されています

先に述べた「洗練された印象」を受けるのは、おそらくこのつなぎ目の少なさのおかげだと思います。

まとめ

以上、ポケモンスケールワールドよりリザードンの紹介でした。

シリーズはこれからどんどん増えるかと思いますが、単体でリザードンのフィギュアとしても十分クオリティが高く、満足できる商品でした。

発売日当日ですが、公式サイトはリザードン在庫切れしています。

現状、通販サイトの在庫はまだありますが、価格の高騰が心配です…。

特にリザードンの購入を検討中の方はぜひお早めに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました